スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低線量被曝と政治

悪夢のような原子力発電所の爆発というものが現実となってしまって以来、既に一年が経ち、高線量の放射性降下物に見舞われた各都市では、避難を促す行政の後押しも援助もなく、人々は、放射性物質に取り囲まれながら、余儀なく日々の生活を営んでいる。
郡山市や二本松市などでは、変わってしまった自然条件を甘受するかのように、書店では汚染マップが売られ、街角には円筒形の空間線量計が設置されている。

原発事故からのこの一年は、日本ばかりでなく、国際社会の実に多くのウソが、明るみに出た一年であった。
政府やマスコミがつくウソは慣れっこだが、アカデミックな専門家がつくウソに、反論することは、通常素人にはそんなには容易いことではない。でもこの一年は、事情がちがった。
とても素朴なことを、少し整理しておこうと思う。

ICRPという研究機関がある。
ICRP勧告に従って日本政府は、年間被曝量1ミリシーベルトという年間被曝限度量を定めていた。

ところが、事故後、政府は、あっさりと20ミリシーベルトに書き換えてしまった。
まさか事故が起きたときには、放射能への抵抗力が増すというわけでもなかろうから、では年間1ミリシーベルトの限度量とはなんだったのか、と小学生でも思うだろう。
しかもICRPには、多くの原発産業関係者が加わっており、NHKには珍しい優れたドキュメント「真相ファイル:揺れる低線量被ばく揺らぐ国際基準ICRP」で、ICRPは、〈政治的な判断〉で被曝リスクを実際の半分に減らしていたという事実を明らかにされると、105人もの大学教授や原発技術者が、NHKのその番組を糾弾するという事態までうまれた。しかし利害関係者からのそうした抗議が、フェアなものではないとは、誰でも分かるというものだ。
科学という意匠をまとっているが、大学教授という存在も、科学的判断からほど遠い欲得世界の住人であることを、白日の下に晒してしまった。

ICRPは、被曝リスクを低く見積もっていたという事実はあるものの、それでも放射線を浴びる危険度には、この程度なら大丈夫というしきい値はなく、その危険は、直線的に増加するというLNT仮説を取っていた。
しかし原発事故後、福島では、低線量の放射線は、身体に悪いどころか、DNAの修復機能を活性化させ、むしろ身体によい、LNT仮説は間違いだ、という放射線ホルミシス説なるものが、流布しているのを知った。
汚染地帯から出たくとも出られない人が、どうせ逃れられないなら、放射能と共に暮らそうと低線量の放射線安全説に傾くのは、責められないだろうと思うし、また実際、四六時中恐怖と共に暮らしていたら、生命力も弱まってしまうのも、一面の真理であると思う。

しかし島薗進教授の調査・研究によって、放射線ホルミシスの研究に資金を提供し、ホルミシス仮説を強力に推し進めてきたのは、電力会社が出資する電力中央研究所(電中研)であったことやその研究が、アメリカの動きと密接に関連していることも明らかにされている。

それとは反対にカルフォルニア大学のゴフマン教授は、1969年、アメリカ原子力委員会の期待に反して、低線量の放射線の影響は少なくとも20分の1に過小評価されているという説を唱えて、教職を追われ、その後市民運動に転じているのを知れば、放射線研究というものが、アメリカの核戦略や原子力産業と無縁ではありえないことを、はっきり教えている。

この傾向は、アメリカに限らない。
どうにかして被曝してしまった子どもたちを助けたいという止むに止まれぬ思いから放射線研究を始めた、ベラルーシの原子力物理学者、ネストレンコ博士は、チェルノブイリ事故の実態調査をしようとすると、政府当局から圧力や脅迫を受け、放射線モニタリング装置は、没収されたという。

ワシーリー・ネストレンコ博士の紹介

またチェルノブイリ事故でのセシウム137のゴメリ市民に対する影響を研究したバンダジェフスキー博士は、ベラルーシ政府により、実刑判決を受けている。

こうしたからも、放射線被曝の研究の方向性というものが、いかに政治的・軍事的な圧力下に置かれているかを教えている。
大昔、米軍資金反対、産学協同反対というスローガンの下に、学園紛争が吹き荒れた時代があった。僕は、その男性中心主義的な闘争スタイルにもイデオロギー偏重で9条無視の論理にも共感しなかったが、あのスローガン自体は、間違っていなかったと今でも思っている。

軍産学共同を誰も疑問と思わなくなり、産業の反社会性を誰も問わなくなり、科学者の社会的責任なんて死語になってしまった時代でも、科学者が、民衆の方向を向いて研究しているのか、国や巨大産業の方を向いて研究しているのか、どちらの方向を向いて研究しているのかは、その人の科学が、信用にたるものかどうかを測る重要な判断基準である、と素人の僕は勝手に思っている。
ことに、一方で権力や巨大産業の利害に絡み、他方で全ての人の「いのち」に関わる放射能の研究ほど、科学が真であるためには、勇気が必要なのだ、と教えてくれる分野はない、とも思っている。 
そして科学が真になるためには、科学者にも美学や倫理が、不可欠なのだと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

この度は通りすがりに拝見させて頂きました。
日本の未来の事を憂慮してしておられる、素晴らしい方々ですね。
あなた方のような方が、もっと日本にたくさんいたらと本当に思います。
是非これからもブログ活動がんばって欲しいです!

少しテイストが違いますが、私もブログを書いていますので、もしよければ覗いてみて下さいね。

〝子どもたちの未来を守りたい!〟
http://savetheall.blog.fc2.com/

是非、また時々拝見させて頂きたいです。それでは失礼します。
プロフィール

Author:43gareki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。